Archive for 12月, 2009

ご挨拶

12月 31st, 2009 by りんだ@隊長 | 2 Comments | Filed in 日々のケア, 現場からお知らせ

2009年も今日で終わりですね
私たちにとっても激動の年になりました。

あの夏の日
絶望的な気持ちで通った猫屋敷・・・

今の状態にまでなると誰が想像したでしょう。

季節は移りすぎ
多くの善意と優しさと小さな力がたくさん集まって、
身体を横たえることも出来なかった猫たちに新しいお家と家族ができました。
猫屋敷も現地のお世話隊の活躍でどんどん居心地のいい空間になり、
残りの懐かなかった猫達も少しずつ変化を見せてきています。

掃除や猫の世話 健康ケア ブログの管理、大変なこともたくさんありました。
今まで見ず知らずの人たちが集まって初めて経験することなのですから
猫達を助けたいという想いは一緒でも考え方や方向性の違いから
正直もめることもありました
でも、とにかくみんな一生懸命に向きあってきました。

里親さんや一時預かりさんとの出会い、
レスキューに関ってくださった皆さんとの出会いが私たちへのご褒美になっています。
地方へのお届けも楽しい時間を過ごせました。

多くの支援してくださった皆さん、バナーでご協力頂いている皆さん、

言葉では表せ名ないくらいお世話になった動物病院の先生達や看護士さん、

皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです!!

お一人お一人にお礼が出来ないのが歯がゆいですが、
とにかく最後まであきらめないで最後の1匹まで責任を持って
関っていくことが皆さんへのご恩返しだと思っています。

年末にかけて【ぐすべり】にお見合いがあったり、
あの【クマゴロウ】にもお声がかかっています。
子供だと思っていた【わらび】に発情の兆候が出てきたり。。。

全ての猫達が里子に出るにはまだ時間がかかるかと思います。
この活動を通して得た知識や仲間を通し、
1匹でも不幸な動物を減らす活動をしていけたらと思っています。
どうか来年も私たちと一緒にこのコ達の行く末を見守っていただけたら幸いです。
a-4DSC_3334

石山猫 308石山猫 004あいらぶ猫 246 あいらぶ猫 506

200909240248507a5 あいらぶ猫 745

a-96DSC_7909もみじ a-7DSC_6947

あいらぶ猫 699

石山猫 061 あいらぶ猫 450

あいらぶ猫 779

あいらぶ猫 706 20090924032309078

20090924030952b10

虹の橋を渡ったコ、新しい家族の元へ行ったコ、
一時預かりさんの元でケアをしていただいてるコ、屋敷で新年を迎えるコなどなど。

皆さんのおかげでここまで来れました
本当にありがとうございます!

=隊長=

==============================================================================

月日が経つのはとても早くて、
屋敷のレスキューを開始してから約半年が経とうとしてます。
最初、隊長も私も絶対無理だと思っていたけれど、
こうしてみなさんの力を借りながら、かなりいい方向に進むことができました。

全国各地のみなさん、本当にありがとうございます。

本来ならば、一人一人にきちんとお礼をするのが筋だと思ってるのですが、
まとめてこの場でお礼する形になる事をお許し下さい。

いよいよ2009年も今日で最後ですね。
みなさん、よいお年をお迎えください。
来年も引き続き、屋敷の猫のことを見守って頂けると幸いです。
そして世界中の猫達が幸せに暮らせますように・・・・。

=アンニン=

================================================================================

ワンコ達ありがとう~~!!

12月 26th, 2009 by りんだ@隊長 | 2 Comments | Filed in 日々のケア

みなさん、楽しいクリスマス過ごされましたか?
私は保護猫の回虫騒動でバタバタの中、居酒屋でじゃがバターに塩辛に舌鼓うってましたヽ(´ー`)ノ

先日、ミクシーから支援者の<ひょうひょうさん>が現地のお手伝いに来てくれました。
若くてキレイな方だったのでまいたけの鼻の下は伸び、引きこもりのポン吉まで出てきましたよ~(笑
お洗濯から水運びまで人使いの荒い隊長に嫌な顔ひとつせず一生懸命お世話していただきました。

DSCF0833 (2)

作業の後、近所の猫カフェに行きコーヒー飲みながら熱く語りあう2人。
親子ほども違う年齢で【猫】というキーワードがあるだけでここまでお話ができるのって
なんだか嬉しいですね。

そんな中、こごみの里親さんのYさんと、
ぴりかの一時預かりさんのFさんから近況報告が届きました。
偶然にも同じ時期に報告が来たなんて2匹が親子だから?不思議ですね~~。

まずは【こごみちゃん】の里親さんのYさんから↓

==========================

ネコちゃんたちのお世話お疲れ様です
みなさんに嬉しい報告があります

チャッピーとこごみが、遂に仲良くなりました
数日前から、こごみがしきりにサークル越えしてチャッピーに近づくから、こごみの通用口を作った所、
なんと!しょっちゅう来ては2匹で絡み合うようになりました。

F1000127 (2)

チャッピーの手が大きく、力も強いので、こごみは押さえ付けられたり、
ひっくり返されたりするのですが怒る事はありません。
時には自分からお腹を見せてグーグー言ってます。
こごみが初めて我が家に来た日の険悪状態の2匹が・・・ウソみたい・・すご~く、すご~く嬉しくって
2匹の頭がクチャクチャになるほど、撫でてあげました

2匹で寝る日も、夢ではなくなってきました!
F1000100 (2) 「コッコ早く一緒に寝ようよぉ‥ムニャムニャ-t(。-Д-)。o 0」

F1000174 (2) 「もうちょっと待っててにゃ~~」

==================================================

次はこごみの母猫 【ぴりか】の一時預かりのFさんから↓

石山猫 210

ピリカ嬢のワクチンは来年まで待つ事にしました。

少し風邪ぎみなのと、最近とても我が家に馴染んで来たので、病院に行って信頼を失ったら…(ToT)
と思っています。

我が家の犬にびびっていたピリカ嬢犬にネコパンチをする様になったんです(^o^)
人にも攻撃しなくなってきましたよ(^o^)

ご飯ちょうだい!
とにゃーんと鳴くんです(o^-^o)
こちらが無理に触ったりしなければ、攻撃されません。
夜は相変わらず、家の中を徘徊してます。

皆さん年末年始忙しい中、猫達のお世話が大変だと思いますが、頑張って下さい

影からそっと応援してます(^.^)

石山猫 208 管理センターから引き出しされたワンちゃんたち

======================================

Yさん宅もFさん宅も先住犬がいます。
実は私は犬が苦手。。。というのも小さい頃に近所に大好きだった犬が出産した時、
子犬を見たくて近づいたら、がっつり噛まれてしまいそれから苦手になりました・・・
ワンちゃんのいるお宅に猫ってどうなの?って気持ちも心の片隅にありましたが、
こんな素敵なご報告を聞くと頬がゆるんでしまいまいますね。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚

最後に<こごみちゃんとチャッピー>

あずきなの一時預かりをしてくれているあかねさんちの <あずきなとアレツ君のショット>
私のワンちゃんへの苦手意識も無くなる日も近そうです。

F1000161 (2) a-91DSC_4712

Tags: ,

ワンダーランド

12月 21st, 2009 by りんだ@隊長 | 5 Comments | Filed in 日々のケア

年末も押迫り気ぜわしくなってきましたが みなさんお元気でお過ごしでしょうか?
屋敷も日々いろいろな猫模様、人間模様が繰り広げられています。

週末に東京から支援者の<パンダさん>がお仕事で来札。
なんと、過去に仕事の研修で1年間屋敷の近くに住まわれていたそうです。
そんな経緯もありこの案件に目を留めていただき支援に至ったそうで、
飼猫ちゃんたちが使わなくなったお薬やご飯をたくさん送って頂いていました。
お忙しい時間の合間を縫って屋敷にもご案内することができ、
猫達とつかの間の逢瀬?を楽しんでいただきました。

その後、一緒に食事してお酒を酌み交わしお話させていただいたんですが、
なんだか隊長にはない教養の香りが。。。
なんとお若い女性弁護士さんだったんです
何かあったときはお願いしますね(笑

最近の屋敷猫の様子を申しますと、
あのクマゴロウにラブコール
ポン吉がひきこもり
まいたけが太りすぎ
わらび出戻り事件ナドナド

土曜日は猫の数より人間の数が多いくらいで賑わう中、
コビッツ工作員のワンダーランド制作が着々と進行!
石山猫 305

石山猫 303

部屋中に張り巡らされたキャットウォーク!!

DSCF0812 (2)

じゃじゃや~~ん!!出来ました♪
クマゴロウの運動不足に作られたクマウォークの入り口!!
可愛すぎます(*´Д`)<

dscf0813 (2)

ディテールにまでこだわって、計算されたつくしされたお部屋。
ああ~・・・これぞ匠のワザ。
ちなみに手前のケージは取り出し可能になってます。スゴイですね~~。

本人曰く、コビッツさんが一番楽しんでいるそうです。

051 (2)

らくようと気持ち良さそうにお昼ねタイムのわらび。

055 (2)
キャットウォークがお気に入りにのみつば、わらび。
あまり人前に出なかったよつばの行動もよくわかるようになりました。

DSCF0771 (2)

押入れの奥のスキマに隠れて出てこなかった猫達が、
色んな表情を見せてくれるようになりました。

とうとう土足厳禁になったお屋敷(笑)
この日が来ることを誰が想像したでしょう。

一番最初の大掃除に集まった参加者の中に千葉から駆けつけてくれた<yokoangelさん>
当初、あまりの屋敷の様子に改装を提案してくださり、
材料は全てyokoangelさんが提供しますと言ってくださってたのですが、
日々の汚屋敷のウンP掃除で手がいっぱいいっぱい、
そして私自身にも余裕がなかったこと等、
yokoangelさんへの負担が大きすぎる事などから辞退していましたが、
あの時のお気持ちがこの状態に繋がっていると思います。
ひとりひとりの想いがつまった猫屋敷です。

実は先日、うっかり水落としを忘れ1階の水道が凍結してしまいました。
さすがに慌て、以前に屋敷の見積もりに来てもらっていた知り合いの水道やさんにすぐ電話。
(凍結⇒水道管破裂)になるとすごいお金がかかります・・・?
とりあえず破裂はしてなくて一安心。
さすがに私の不注意なので自腹覚悟でしたが、なんと!無償で直していただいたんです。
私たちの活動に理解を示してくださった結果です。
そんな人の暖かさに触れ、冷え込む寒さとの中、嬉しさで涙目になった隊長なのでした。。。

最近、現地支援者からの保護の依頼などが相次ぎ、
本来の保護活動が再開できる状態になりました。
また新たな猫、人との出会いが始まりました。
支援してくださったたくさんの皆さんに改めてお礼を言わせてください。

ありがとうございます!!

11月末時点での収支報告

12月 19th, 2009 by アンニン | No Comments | Filed in 収支報告
●2009年11月度 収支
2009年
11月度
  前月繰越金 65,842    
収入 寄付金 10,000   寄付金 ※明細は別表1
収入合計 10,000    
支出 医療費   35,280 保護猫の医療費全般 ※明細は別表2
雑費   4,410 フード
支出合計   39,690  
繰越 差引き   36,152 次月繰越金

寄付金明細は以下、別表1にて

保護猫の医療費全般明細は以下、別表2にて

●別表1 寄付金明細
日付 ご支援者様 金額 備考
11月1日 Y.E様 10,000  
寄付金合計 10,000  
●別表2 医療費明細
  単価 数量(匹・個) 合計
去勢手術 10000 1 10,000
血液検査 3000 2 6,000
3種混合ワクチン 3,000 4 12,000
投薬料
(点眼・抗生剤)
5,600   5,600
消費税 1,680
医療費合計 35,280

隊長のひとりごと(地域猫について)

12月 16th, 2009 by りんだ@隊長 | 2 Comments | Filed in 隊長のひとりごと

先月、千葉のアンニンさんのところへ地域猫活動の応援に行ってきました。
レスキュー当初、この案件にどう対処しようか頭を悩ませていた時、
一緒の気持ちになって考え行動してくれた大切な猫友さんです。
年齢も趣味も何もかも違う者同士ですが、猫に対する温度が同じ、あと笑いのツボが同じなふたりです。

北海道は【地域猫活動】は私が知る限りではそれほど盛んではないと感じます。
やはり越冬することが難しく、野良猫の寿命が短い為
それほど増えないから問題になることが少ないのだと思います。

アンニンさんは札幌から千葉に転勤した際、あまりの野良猫の多ささに驚いたそうです。
観察を続けてたら、その地域で毎日のように餌付けをしているエサヤリさんと遭遇。
お腹を空かせた野良猫についつい餌を与えてしまう・・・
猫好きさんならちょっとした気持ちで一度はあげてしまうことありますよね?

エサヤリさんと話合ってから
そこからアンニン夫妻の地域猫活動が始まりました。
野良猫を捕獲⇒避妊・去勢⇒リリース(戻す)はTNR活動として一部には知られていますが、
まだまだ認識されていない活動です。
近年は行政の取り組みとして補助金制度も活用されつつありますが、
活動当初は自費で費用を捻出。(現在は助成金ができてます)
時には子猫の保護・里親探しにも取り組んでいます。

ひとくちに捕獲と言っても簡単な事ではありません。
色々なところに頭を下げ辛抱強く猫を捕獲、病気があれば治療、
餌やり後には必ず掃除、雨の日も風の日も、電車が止まるほどの台風の日も待っている猫達。
その成果は徐々に表れ、2004年に22匹居た猫が現在は9匹にまで減ったのです。

活動を始めてから今日まで約6年の年月が経った今、
降って湧いたかのように野良猫排除活動のクレーマーが現れました。
クレーマーの行動は反対の署名活動はもちろん、各行政、千葉県庁、警察にまで訴えかけ、
とにかくエサヤリを辞めさせるように通達してくれ、の一点張り。
そして行動はどんどんエスカレートし、
ストーカーのようにエサやりさんのお宅まで行き、餌をやらないように恫喝。
動物愛護法を提唱しても「法律なんて関係ない!」と言い張る輩ですから処置なしです・・・
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/%7Etamura/doubutuaigohou.htm

クレーマーは自治会にも訴えて来ましたが、
自治会側はアンニンさん夫妻の行動に理解を示してくださり、
これを機会にという事で話し合いの場を設けてくださいました。
その場面に猫友のマルコさん、おみっちさんと共に私も参加したわけですが・・・・。

話し合いの場にすらつこうとしないどころか、視線も合わせないクレーマー・・・。
ただひたすら口から泡を飛ばし怒鳴ってる(; ̄з ̄)ゞ
自治会の役員さんたちもあきれ果て無駄に時間が過ぎるばかり・・・。
急遽、こちら側が一度退席して双方の意見を別々に述べる形になりました。
今回はクレーマーの非常識さが浮き彫りになった感じで、今後も解決までには時間がかかりそうです。

本来ならばこのような話し合いは行政がするべきだと常々考えています。
私の本来の保護活動もそうですが、全国で野良猫の保護やレスキュー、
TNR活動、地域猫活動は個人の負担があまりにも大きすぎます。
自分の非力さを常々感じ、こんな小さな保護活動なんて自己満足なのではないのか?
目の前に居る1匹の後ろにいる数限りない野良猫たち・・・
減らない管理センターでの殺処分を始め、
動物を商品にしか考えないペット産業、ボランティアを語り募金詐欺も横行・・・。
嫌な事件があまりにも多すぎる昨今。
もちろん熊本市のように殺処分ゼロを目指してる行政や、きちんとしたペットショップ、きちんとしたブリーダーもいます。

今回の活動を通して培った経験や仲間を通し、
ゆくゆくは行政に繋げれる活動が出来ればと思っています。
一人の力は小さいけれどいつかきっと。。。
不幸な動物が1匹でも減るように。。。

 

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.