Archive for 1月 14th, 2010

仲間達の里親探し【くうちゃん】

1月 14th, 2010 by りんだ@隊長 | 2 Comments | Filed in 日々のケア

お屋敷のレスキューに関り出してから たくさんの野良猫保護依頼のご相談等を頂いていましたが、
当初は自分のキャパオーバーもあり親身にお話を聞ける状態ではありませんでした。

昨年末、屋敷猫達がそれぞれ里親さんや一時預かりさんの元に行き、
お世話の負担も軽くなったことや神的にも余裕ができたことなどから
何件かの保護にも関りだしました。

その中でお屋敷の近所に住んでいるNさん。
マンションに餌をもらいに来ていた黒猫ちゃん【くうちゃん】をどうにか保護したいとのこと。
そうこうしているうちにくうちゃんが妊娠。
仔猫ともども保護しようとしていた矢先に仔猫が瀕死の状態で見つかりました。
残念ながら病院に運んだ時には手遅れで、母猫のくうちゃんの保護に踏み切りました。
抱っこして保護できるくらい人馴れしているコですが、
健康診断の結果<白血病>のキャリアでした。
猫風邪もかかっていて結膜炎を併発・・・。
片目の瞳孔が癒着していますが問題はありません。

雪の季節が長い北海道。
野良猫の生活は簡単なものではなく多くの猫達が冬を越せず人知れず命を落としていきます。
つなげることの出来なかった仔猫の命の分まで、くうちゃんを幸せにしてあげたいです。

マンションでえさやりしていたMさんと共に里親探しをしています。
どうぞよろしくお願い致します!

DSCF0885 (2)
左目の瞳孔が開きっぱなしです

IMG_0292 (2)
おとなしくのんびりした性格です まだ若い猫ちゃんだと思います

IMG_0289 (2)
マンションによく現れていた頃

<いつでも里親募集中>に掲載しています
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-91132.html

■追記■

はじめまして、くうちゃんを保護しましたNです。
この度はrinda隊長さんにご協力していただけたおかげで、1つの命を救う事ができました。
本当にrinda隊長さんはじめ、皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
遅ればせながら、この場をかりて..皆さま本当にありがとうございます!!

少し長くなりますが、これまでの経緯を補足させていただきますね。
私がこちらのサイトを見て、現地ボランティアに伺うことになった昨年の10月中旬のある日
rindaサンとの待ち合わせ場所に行こうとマンションを出ようとしたところ
『にゃーん!』と私に駆け寄って来たのがくうちゃんでした。
初めまして、なのに『ごはんちょーだい〜』と言っているようで、
少し躊躇しましたが、急いで家に戻り、我が家の猫のごはんと水を持って行くと夢中で食べていました。
その時はあまりじっくり見られなかったのですが、お腹が大きいようで。。。
これから寒い冬を迎えるのに、母子ともに大丈夫なのか…心に不安の種が蒔かれた瞬間でした。
rinda隊長さんに『初めまして!』の挨拶もソコソコに、くうちゃんのコトを話してしまいました^^;

その後しばらくは、くうちゃんを見かけることはありませんでした。
もしかしたら何処かの飼い猫なのかな?とも思いました。
rinda隊長さんは気にかけてくれていて、結局私は1回しかお世話に行かなかったというのに
お忙しい中『黒猫ちゃんどうですか?』とメールをいただいて
隊長さんの優しいお人柄に触れ、
もし、くうちゃんが本当に野良だったら保護してあげたい、という気持ちが強くなりました。

くうちゃんがまたマンションに現れるようになった時には
もうお腹は大きくありませんでした。しかし、私が見かける時のくうちゃんはいつも一匹…
同じマンションで餌やりをしていたMさんから1匹だけ仔猫を連れていると聞き
親子で保護しようとしていた矢先でした。
12/12、瀕死の仔猫を見つけたMさんが病院に運んでくれましたが…。

仔猫だけでも先に保護できたら、、とても悔やみました。
その後もマンションの下で仔猫の帰りを待ち続けていたくうちゃん。
エサの減りが少なく、元気がなくなっていく くうちゃん。
一度、抱っこでの捕獲に失敗していたので、隊長さんに捕獲器を借りたのですが
この状態で捕獲器に入ることは考えにくく、思い切って抱っこで保護しました。

戸惑って鳴いたのも最初だけで
玄関に置いたキャリーバッグに入って、撫でるとゴロゴロと喉を鳴らし
私が離れると鳴いて呼びました。
きっと前は違う名前で呼ばれていた子なんだ…と切なくなりました。

翌日、すぐにrinda隊長さんにお迎えにきていただき、Mさんと共に病院へ行くと
白血病キャリアであることがわかり、残念でしたが
とっても美猫で人間が大好き、撫でられるのが大好きなくうちゃんなので、
素敵なご縁に巡り会えるよう、
私とMさんで微力ながら頑張って里親さんを見つけてあげたいと思っております。

長文、失礼しました^^;最後まで読んでいただけた方、ありがとうございます!
今後blog更新も参加させていただきますので、宜しくお願い致します^^

from N

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.