動物を飼うということについて

2月 4th, 2010 by りんだ@隊長 | Filed under 日々のケア.

先日、里子に出た【ぐすべり】が出戻ってきました。
皆さんにも知って頂きたいことなので、ありのままをご報告したいと思います。

里親さんは昔、田舎の実家で猫を半外飼いしていた経験がありました。
今回は娘さんが猫を飼いたいとのこと、管理会社の了承も得て、
管理会社では避妊・去勢済みならOKとの事なので
こちら側で避妊手術を済ませ、健康ケアをしっかり終了して、
里親のお話を頂いてから1ヶ月ほど待ってもらいお届けしました。

1日目のメールでは落ち着かないもののおもちゃで遊びましたが、
ご飯は食べてないとのこと。

3日目の朝、電話で「返したい」と、お母さんからいきなり電話が来ました。
一方的な内容に面食らい、正直怒りが込み上げました。
猫の為にも、とりあえず引き上げてこようと準備していたところ、

娘さんから電話・・・

自分が飼いたいと言い出したことなので、もう一度ちゃんと向き合いたいと、
誠実にお話してくださったので、もう少し様子を見てもらうことに。。。

そして次の朝。
再度お母さんからギブアップのお電話が来てさすがに冷静に対応しきれず
まくしたててしまいました・・・反省

その日お迎えに行き、娘さんとお話しすると、
自分たちが考えていた猫の行動と実際が全く違っていたこと。
お隣から苦情が入ったことなどなど。憔悴しきっていました。
几帳面なJさんご家族には猫に対応しきれず、
猫がいることが苦痛でしかなくなってきたようです。

里親さんは正直な方だと思います。
ただ猫を迎え入れるには知識と経験が不足でした。
そして送り出す私の配慮も足りなかった思います。

私の田舎でもそうでしたが、外を自由に出入りしていた猫達は、
虫を追いかけたり、ねずみや鳥を捕まえたりと充分に運動して
家にはご飯と寝るために帰ってきて、
コタツや縁側でお昼寝をしている姿でした。
今、都会では【完全室内飼い】という飼い方が定着し、
365日一緒に生活を共にしていく中で、
飼育・しつけということが必要になってきました。

子猫から飼った経験のある方はわかると思いますが、
朝日が昇る前の大運動会はあたりまえのことですよね。
夜行性の猫が人間の生活に慣れるには時間が必要です。

一緒に暮らし易いように見守りながら、
しつけをしていくこも大事なことです。
大切な家族だからこそ。。。

 

最後に今回のことで猫と暮らすことが嫌にならないでほしいと伝えました。
楽しいこともたくさんあるし、
いつか一緒に生活する喜びを知ってほしかったから。
きっとこの想いは届いていると信じたいです。

さて、戻ってきた【ぐすべり】ですが、
一時預かりのmeeyanさんが帰省していたので
とりあえず私の職場に連れて行きました。
*屋敷で兄妹であろうポン吉と対面させたかったのですが、
猫風邪が蔓延してるの、とりあえずぐずべりを落ち着かせる為に職場へ。

 

この顔見れば一目瞭然ですね
不安そう~~~~

t02200293_0240032010398322200

t02200293_0240032010398322203

ご安心下さい
ウチのニャンズとはあっという間に馴染んで
タンスの上に登ったり、一緒にカゴに入ったり、
ご飯もすぐ食べてコタツから顔を出して寝てました(笑

今回の事に一番胸を痛めているのは一時預かりのmeeyanさん。
しっかり話し合い ぐすべりの為に今後のことを決めて行こうと思います。

昨日、帰省した乳母の訪問をうけたぐっちゃんは安心しきって遊んでいましたよ。
ウチの猫を鬼にして豆まきもしました。
私も5匹の家族がいますが性格も様々で、
コスプレしても動じないコから、ツンデレ系、
今だに一度も心を開かないコもいます。
懐かないコもまたひとしおに可愛くなるから不思議です。

コチラを見てる保護活動をしている皆さんや、
これから猫を迎えたいと思われている皆さんに
今後の参考になればと思いました。
私もまたひとつ貴重な経験をさせて頂きました。

Tags: ,

6 Responses to “動物を飼うということについて”

  1. おかる より:

    「えっ?」と頭が真っ白になってしまいました。
     ・・・・言葉がないです。

              一言「猫は生き物です」。

       わずか数日でその環境になれるなんて難しい事です。

     これは、ぐっちゃんの様な若い猫さんだけではなくて、クロの様な高齢の猫さんだって同じです、環境に慣れるまではいろいろな事をお互い経験して行かなくてはなりません。それを越えて行かなくては家族にはならないと私は思います。
     
     お人形感覚だったのかなぁ? でも、そんな気持ちではどんな生き物とも暮せないですよ!
     
     今、ぐっちゃんはどうですか? 写真のお顔見ていると涙が出る。(結構、大きな声出されたんだろーなぁー)
      

  2. りんだ@隊長 より:

    >おかるさん

    仰るとおりだと思います
    【飼い主の責任】のモラルを伝えていくのも大切なことですよね

    ぐっちゃんは meeyanさんが来ると甘えます
    かなりのイタズラ好きで 部屋がぐちゃぐちゃになってますよ~~

  3. いず より:

    先日ひそかにぐずべりちゃんの家決定に胸おどらせてた
    んですが・・・残念な結果になってしまいましたね(T_T)
    猫ベッドとか色々準備してたのに、想像と違ってたと
    判断する期間が短かったことが少し残念です。

    でも変に長引いてからよりよかったのかな。
    かわいいぐずべりちゃん。
    今度こそ一生の家が見つかりますように・・・。

  4. りんだ@隊長 より:

    >いずさん

    里親さんも本当に楽しみに準備していてくれたので、残念でなりません。
    ぐすべりはさすがに子猫なだけに 今はイタズラしまくりで
    元気いっぱいです。
    安心してくださいね!

  5. 人生坂路 より:

    まあ、縁がありませんでしたね。
    で、深くは追求しなくても、ライフスタイルもあるので
    仕方ないですね。
    これは、こうしなくてはならないなんてないんですから、
    まさに、縁がなかったなとしか思えないです。

    でも小さくて可愛いからすぐ決まりそうです。

    フキちゃんもよろしく~

  6. りんだ@隊長 より:

    >人生坂路さん

    縁を繋ぐというのは本当に簡単なものではないです

    フキちゃんもどんどん可愛くなってきたので
    赤い糸 手繰り寄せますから待っててくださいね!!

Leave a Reply

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.