フキちゃん 安らかに。。。

4月 30th, 2010 by りんだ@隊長 | Filed under その後の猫達, ふきバァちゃん.

 5945ebd86b057451f20ebc9cc4bcfd2a

昨日 一時預かりから里親さんになって頂いた【人生坂路&くりすさん】ご夫妻から、
フキちゃんが息を引き取ったとのご連絡を頂きました。

ブログの様子からもうかなり状態が悪いとは感じていましたので、
気持ちの準備はできていましたが、何かぽっかり心に穴が開いたような気持ちになりました。

初めて屋敷に足を踏み入れた時の、あの感覚は今も鮮明に蘇ります。
あまりの不衛生さに驚きつつ、恐る恐る部屋をあけて猫を確認した時、
暗い部屋の片隅でじっとコチラを見据えていた【フキちゃん】

あいらぶ猫 254 
一番 最初に撮った写真

正直怖さしかありませんでした。
とんでもないことに巻き込まれてしまったという漠然とした恐怖感・・・

たぶん1ヶ月近く私はどの猫にも触れることはできませんでした。
たくさんの人の手を借りて少しづつ解決の糸口が見えてきた頃、
フキちゃんに手を差し伸べてくれたのがお2人でした。
健康面に問題を抱えているフキちゃんを一時預かりしてくれることになり、
面倒を見ていただいていましたが、
里子に出すことは無理だと感じて、そのまま里親さんとして引き受けてくださいました。
一番大変な状態の時に引き受けてくださり、申し訳なさでいっぱいですが
あのままお屋敷にいたら冬は越せなかったと思います。

お屋敷では隔離されていたし、
いつもひとりぽっちで部屋の片隅にいたので他の猫が苦手だとおもっていましたが、
里親さん宅では全く別の表情を見せてくれていたフキちゃん。
ブログで他の飼い猫ちゃんたちと仲良くしている姿をみるのが日課となっていました。

9e33237cea33eda15c48ba3f92382bdf 
大好きなかずき君と イケメン好きなフキちゃん。

3d708250fb12c40aa107e76a3736cd7d
特に【かずきクン】という猫ちゃんがお気に入りで、一緒にいる画像はとっても幸せそうで、
しかもどんどん可愛らしい顔になっていくのが驚きでした。

46da502912c2bb3715a182b224da5031

97fc9c65ae526bb6e4d8137f226ebf81 こんなに可愛くなったんだヨ。


キレイで暖かなお家で、ありえないくらい手厚いケアをしてもらいフキちゃんは幸せだったと思います。
お屋敷では何もしてあげられなくて・・・ゴメンね。

残りの猫達が幸せになれるように見守っていてね

フキちゃんの最後の様子はコチラでご覧下さい
【月と猫のある風景】
http://blog.goo.ne.jp/happy-kris/

Tags: , ,

8 Responses to “フキちゃん 安らかに。。。”

  1. いず より:

    里親さんの日記も拝見し、涙ぼろぼろ・・・ぼとぼと・・・。
    どんどん可愛くなって・・・(T_T)
    まだまだかずき君と仲良く過ごしてほしかったです。
    でもレスキューされるまでの間に、手の施しようがないほど
    体は蝕まれていたんでしょうね。
    それでもここまで生きることができて、優しい里親さんと
    仲良しの猫ちゃんと過ごすことができて、最後の最後で
    今まで分の幸せを取り返すことができたかなー。

    悲しいけど、天国でのんびりお昼寝なんかしてるだろうと
    信じて・・・。

  2. hiromix より:

    はじめまして。
    くりすさんのブログから参りました。

    私は、くりすさんともふきちゃんともお会いしたことは無く、
    くりすさんとはブログ上だけのお付き合いではありますが、
    ふきちゃんがレスキューされて、どんどん可愛いお顔になっていくのを、
    とても楽しみに、微笑ましく拝見していました。
    ふきちゃん、間違いなく幸せだったと思います。

    遠方在住なので、何のお手伝いも出来ず申し訳ないのですが、
    他の猫達もみんな穏やかな日が送れるようになることを、
    お祈りしております。

  3. さおりんママ より:

    ふきちゃん・・・この冬は越せないかもと
    言われていたのに、見事4月の終わりまで
    生き続けました。

    >お屋敷では何もしてあげられなくて・・・ゴメンね。

    ううん。りんだ様がこの大変なレスキューに着手してくれて、その熱意ある活動がお屋敷を何とかしよう!という人の輪を作り、ふきちゃんと、くりすご夫妻のご縁を繋いだのです。
    始めに、りんだ様の心意気ある一歩があったからこそ!です。

    レスキューが始まるまでの過酷な環境な中生き抜いたふきちゃんにとって、くりす家の生活は、ニャン生のボーナス、ご褒美だったと思います。
    ちょっと遠慮しながら、恥じらいながら、大好きなかずきの側に行き、甘えて・・・。ふきちゃん乙女だったね。他のニャンズとも仲良く眠ったり、オモチャで遊んだり。
    細やかで優しいくりすご夫妻のケアをうけて、眠るように穏やかに逝きましたね。大往生でした。

    でも、このふきちゃんの幸せな生活はりんだ様が
    このレスキューに飛び込んでくれたから。
    本当に、凄いことだと思っています。

  4. meeyan より:

    ふきちゃん・・・(;_;)
    亡くなった私の祖母と同じ名前のふきばぁちゃん。
    とても会いたかったのですが、初めて屋敷を訪れたその日の朝、ふきちゃんはちょうど屋敷を後にしたところだったのでした。
    屋敷での過酷なサバイバルの後、優しい里親さんのもとで幸せに暮らすことができてよかったね。 
    ふきちゃん、やすらかにね。

  5. りんだ@隊長 より:

    >いずさん

    お屋敷でいつも暗いところにいたのは、病気のせいだったみたいです

    里親さんをみつけるのは難しい猫だと思っていたので
    屋敷で看取るのを覚悟していました
    でも早い時期に人生坂路&くりすさんご夫妻が、一時預かりしてくれたので私たちの負担もとても軽くなり、大変助かりました。

    なんといってもかずき君と出会えてしあわせそうでしたね

  6. りんだ@隊長 より:

    >hitomixさん

    はじめまして コメントありがとうございます。
    くりすさんのブログ仲間さんのコメントを見ては、涙がでてしまいました。

    フキちゃんの生活は時間の長さではなく、愛情をかけられた深さを
    日々痛感していたので、くりすさんご夫婦に出会えてフキちゃん
    幸せでした。

    残った猫達を大事に面倒みていきます!

  7. りんだ@隊長 より:

    >さおりんママさん

    いつも暖かく見守ってくださり、きめ細かな支援を頂き
    心強いです。
    皆さんの応援があってここまでこれました。

    フキちゃんの存在は私たちにとっても、大きかったのだと今更ながら
    感じています。

    里親さんのブログを見るのも楽しみのひとつで、かずき君とのショットは本当にほほえましいものでした。

    もうひとふんばり、残りの猫の里親探しがんばります!

  8. りんだ@隊長 より:

    >meeyanさん

    ぐっちゃんといいフキちゃんといい、里親さんになってもらえて
    幸せな子達でした。
    いまだに行方不明の飼い主さんも、喜んでいてくれるに違いありませんね。

    いつも気にかけてくれてありがとうございます!

Leave a Reply

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.