家族の愛情って素晴らしい!【フクちゃん&あんず編】

8月 8th, 2010 by りんだ@隊長 | Filed under その後の猫達, ネコ助け.

お屋敷で一時保護していた
さくら、きなこ、あんず、フクちゃん

もう6~7ヶ月なうえ臆病だったこの猫達の世話は本当に大変でした。
なかなか人間にも馴れてくれず一時はどうなることかとおもいましたが
それぞれ素晴らしい里親さんが見つかり、新しい家族の元で生活しています。
DSCF0800 (2)
保護当初のフクちゃん とにかくビビリでお世話も大変でした・・・



先日 【フクちゃん】改め【トラちゃん】の里親である Tさんが品川キャッツに会いに来てくれました。
色々なお話をさせて頂き楽しい時間を過ごさせてもらいました。
コチラもブログも応援してくださっています。
そしてトラちゃんの近況を聞いて驚きました。
あのシャシャー軍団だった
あのフクちゃんがなんと!洋服を着てにっこり微笑んでるではありませんか!

100606_195835 (2)
あなたはだあ~れ?もう顔つきがぜんぜん違いますね

100722_160017 (2)
愛情たっぷりもらって幸せそうな寝顔です。
もうこの画像をみれば何も言うことがありません
引き取って2~3日は正直 あまりのビビリぶりに困ったそうですが返そうとかいう気持は
なかったですと仰ってくれました。
ご夫婦で根気よく向き合って頂き、トラちゃんも安心して家族になれたのでしょうね。

DSCF0849 (2)
保護当時のあんずちゃん なかなか心を開いてくれませんでした。

あんず0404③ (2)
今ではパパさんといっぱい遊んでもらっています

【あんずちゃん】は優しい、優しいWさんのお宅で幸せに暮らしています。
その後私のところの保護した子猫2匹も迎え入れてくださり
みんなで仲良く遊んでいいお兄ちゃんぶりを発揮しているよう
あんずちゃんはいまだに抱っこは苦手でシャーは口癖?だそうです。

 

後日談ですが、保護を依頼してきたNさんには成猫に近いので里親探しも難しく
引き取り手がない場合、最終的に私が飼うことになるのでそれだけは避けたいとのお話を
再三に渡りさせて頂きました。
『丸投げしないで最期まで責任を持つこと』 『費用は全額負担すること』をしっかり確認して
保護に踏み切りました。

最初は一生懸命動いていましたが、里親さんも決らず厳しい状況の中で家族の協力も得らないとのこと
とうとう連絡も途絶え、結局お屋敷の皆さんにお世話を任せるハメに・・・
残りの医療費も私個人の負担にならざるをえませんでした。

今回 相談を受けた案件でもえさやりさんとのお話をしっかりさせて頂き
母猫の避妊手術までをお願いしています。
お金もかかることですから、理解してくれる方は多くはありません。
今回2件の相談ではどちらも現実を受け止め快く了承してくれましたので
捕獲のお手伝や病院の手配などお手伝いさせてもらっています。

野良猫の保護活動はそれほど簡単なことではありません。
状況判断や責任を全うする覚悟が重要だとおもいます。
まだまだ先の見えない野良猫問題ですが、この活動やブログを通して皆さんと考えたり
学びあったりできればと思っています。

P1070153

お屋敷で家族を待つ猫達
らくよう、まいたけ、みつば、よつば、あずきな
一時預かり中
ポン吉 、はこべ

どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

Leave a Reply

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.