ポン吉、一時預かり名目のトライアル(笑)へ

10月 6th, 2010 by Lucymono | Filed under ポン吉, 日々のケア.

 

すっかり人馴れにゃんこになったポン吉さん。

先日お見合いにいらしたマロさんの元へ、無事にお届けの運びとなりました。

********************************************************************

仕事を抜け出し、病院の診察時間に合わせりんだ隊長と待ち合わせ。
先に現地へ着いたので、ポン吉と最後(だといいなぁ、と思いつつ)のお別れ。
わっしゃわっしゃ撫でまくりの触りまくり。
このときの腰砕けポンちゃんの様子を皆さんにおすそ分けできないのがザンネンです(なんのこっちゃい)

 

あぁ・・・ 他のネコども(笑)もこんな風に触れたらなぁ・・・と夢を見つつ

 

ポン吉 トライアルへ
お屋敷ニャンコ移送時ご用達の特別製キャリーをポン吉部屋に運び入れたとたん
ゴロゴロ言っていたのが「シャーーーッ!!」

どうもこれで運ばれたのを覚えていた様子・・・・
しかし、私にとっては既にそこらの家猫と大差ないポン吉。シャー言われてもなんのその、
「まぁ怒るな怒るな」となだめつつ、何やかやしているうちにりんだ隊長到着。

一週間ぶりの隊長も、最後にポン吉をわしゃっておきます。

ケージからキャリーへの移動も、少してこずったくらいで済み、ワクチンを打ちに病院へ。
ポンちゃん、とうとうお屋敷を後にします。

札幌市中央区より猫の里親探し 募集中にゃんず
もう戻ってくんなよ~とらくよう辺りが言っていたとかなんとか・・・

 

以下、無駄に長いので続きを読むからどうぞ~

 

ポン吉、検便をされる。
ポンちゃん、お屋敷へ戻るときに、お尻からうねうねっとしたものが出ていたので
検便をされます。「ブスッ!」

ポン吉、ワクチンのお注射をされる
引き続き、本来の目的であるワクチンのお注射。「ブスッ!」

 

暴れることなく一段落。ポンちゃん頑張りました!エライよ!
検便検査も問題なく、これで晴れてお婿へ行く準備が整いました。

・・・このままお届け模様へなだれ込みたいところですが、ちょっと話は横道へそれます。

 

********************************************************************

先日オープンしたばかりのツキネコカフェ
りんだ隊長がこの案件をきっかけに、心血を注いでと言っても言い過ぎでないほどに全霊を込めて準備をしてくれた、携わるもの皆で作り上げていく札幌初の試みです。
私自身もこの屋敷の案件がきっかけでりんだ隊長と知り合ったこともあり、出来る範囲での協力をさせていただいております。
来店可能な方は是非お越しくださいね~

ツキネコカフェは2階が猫の保護場所となっており、りんだ隊長自身が飼い主となった
【訳ありニャンズ】が保護猫の保父・保母役をしてくれています。

詳しくはこちらをご覧いただければと思いますが、ツキネコカフェの2F猫スタッフ達は
脳性麻痺による全盲四肢麻痺のネネタソをはじめ、今では信じられないが若い頃は悪魔の子か?
と思われるほど気性が激しくてとても里子に出せなかったダミヤン(名前の由来)や
繊細で神経質で虚弱体質のやぎにぃさん・白血病キャリアでとても気難しいピノコ姫など
曲者ぞろい。

それは、りんだ隊長が「どこにも行き場のないコの行き場」として自身を位置づけているからなんですね。

なぜこんな話をするかといえば、ポン吉のワクチン注射と偶然、時を同じくして
入院していた訳ありニャンコの引き取りタイミングだったからです。

牛柄にゃんこ

仮名:うっしー(牛柄なので牛若丸にあやかって)
月齢:3ヶ月~3ヶ月半くらい
性別:男の子
状態:交通事故にあい、骨盤骨折。病院側は安楽死を進めるも、りんだ隊長がそのコの「目力」に着目し、障害が残った場合は自身で引き取る旨を伝え、治療開始。かなり良い状態に快復し、自身で排泄も可能。片足に麻痺が残るかもしれないが、さほどの障害という程でもないということで、本日引き取りとなりました。

私も事前に話は聞いており、実際に目の前で歩いている姿を見てビックリ!
その生命力には本当に驚かされました。先生から詳しい処置の内容を聞いて更にびっくり。

個人的に、牛柄ニャンコがとってもツボ(笑)で、なおかつとってもいいお顔のコニャンコだったり
今年上半期に実家の年寄りニャンコの介護などもやっていたため、障害持ちニャンコに思いもひとしおで
一瞬でメロメロに(笑)
ずーーっと抱っこしてました(笑)なので私のカメラに写真はありませんcoldsweats01.gif

 

麻痺の程度にもよるでしょうが、この顔つきからして無事に里親さんが決まるでしょう。
まだ仔猫なので無条件でカワイイというだけでなく、ものすごい目力のあるニャンコです。

********************************************************************

さて。

キャリーの中で固まるポン吉
本題のポン吉さんですが、車の中で鳴くわけでなく、あいかわらず固まっておりました。
たまにこちらを見ていたりもしたので、それなりに余裕があったようです。
お屋敷で捕獲するときに尿モレしていたとは思えない慣れっぷりです

 

マロさんのお宅はとてもキレイで、「お屋敷出身ニャンズがこんなハイソなおうちに。。。」
と、ハコベを預けに行った時と同じ感想をりんだ隊長と抱きつつ(笑)

マロ姫様のお出迎え。
さっそく先住猫さんのマロ姫のお出迎え。


これがものすごいキレイな猫さんで。姫オーラが出てます。
そしてワガママ?気性の荒さ?が一見して分かる、とても人間臭い表情をする猫さん(笑)

 

「お客さんでこのコのかわいい顔を見た方は居ないと思います・・・」


それも納得。カメラを向けると常にシャーシャー言ってくれます。
すごい形相です(笑)

マロさんが近くを通ると、パンチまで出します。
でもキレイです。おもしろがってちょっかいをかけたくなる辺り、私もどうかしています。
(いや、実際はかけてないですけど。)

 

ポン吉は一人部屋を用意してもらっています。
先住猫さんがひどい神経質で加えてビビリさんなので、最初は別々で・・・という配慮からです。
季節の変わり目で少し鼻垂れ気味なのでちょうど良い感じです。


ここはどこだ?

引きこもりを決め込んだポン吉を部屋に残し、色々とお話をさせていただきました。
屋敷のことや、保護状況のこと、りんだ隊長の素朴な疑問「わざわざ面倒くさい上に訳ありの猫を選ぶのはナゼでしょう?」など・・・

改めて里子に出た屋敷猫達一覧を見てみると、確かに結構めんどくさい面子が多いです。
理解のある里親さんといえば聞こえは言いのですが、理解のない方からすれば奇特な方icon_add004.gif
でも私は、猫好きとしては、それは最高の褒め言葉だと思うんですよね~

 

半年もの長いスパンをかけてご主人を説得されたこともあり、先住猫さんとの相性が問題なければそのまま・・・という可能性も高いです。
さっそくポン吉ブログを立ち上げてくれました。
猫のマロ姫さまも登場するので、今後はマロさん改めチャペママさんということです。

 

チャペママさん、どうぞポン吉をよろしくお願いします!
マロ姫様のご機嫌取りに、今度貢物を持って伺わせていただきたく思います(笑)!

 


特別出演、息子さんのユウマ(仮名)くん、何の流れか、死んだフリの最中(笑)。
ポン吉をよろしくね。

One Response to “ポン吉、一時預かり名目のトライアル(笑)へ”

  1. チャペママ より:

    マロことチャペママです(^^)
    ポン吉さんは少し慣れてきたみたいです。
    部屋に入ったときは「シャー!」て言うものの、
    すぐに喉をゴロゴロ鳴らして置いてある椅子にスリスリしてます。
    甘えたいけどまだ怖いといったところでしょうか?

    麻呂・・・怒りすぎ(^^;
    来客のたびにこんな感じで慣れっこになってたけど、
    写真でみると凄い顔してるな~
    飼い主として恥ずかしいよ(ノェノ)

    うっしー君、ツキネコカフェのブログでも写真見ましたけど、
    本当に可愛い顔してますよね(^^)
    骨盤骨折は自力排泄が出来なくなったりで安楽死を薦められると聞きますが、
    りんだ隊長の英断が奇跡を呼んで良かったですね(涙

    またいつでもポン吉と麻呂を見に来て下さい(^^)

Leave a Reply

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.