【ご挨拶】 また会う日まで。

11月 17th, 2011 by りんだ@隊長 | Filed under 現場からお知らせ.


北の国 札幌には冬の足音がそろそろ聞えてくる季節になりました。
皆さん いかがお過ごしでしょうか。
長きに渡り、このレスキューを支援して頂いた皆さんに大切なご報告があります。
この度、全ての猫達に家族を見つけることができお陰様で無事に
お屋敷を撤退することになりました。

皆様の善意の心は、たくさんの飼い主の居なくなった猫達に新しい家族を見つけるという
形になってあらわれました。
当初、あの悲惨な状況から猫達を救い出すことは容易ではありませんでした。
まして一人の力では到底解決できる案件ではなかったのです。
ご存知のようにこの案件は、飼い主が行方不明で居なくなったことだけでも大変な上に
多頭飼育崩壊と、保護活動の許容量を問われる多くの問題を含んでいました。


初めてこの猫屋敷に足を踏み入れた時の気持ちは、容易に言葉にすることはできません。
猫のトイレというものがなかったのですから・・・
すべてが糞尿まみれていたのです。
唯一のトイレを新聞紙で作ってあげると、それを猫ベットにする始末。

家具はボロボロの椅子がひとつ 
あまりの不衛生さに一緒に行った友人は吐いてしまうほどでした。


友人たちが手伝ってくれてどうにか餌場とトイレを確保。

真夏の暑い日 糞尿だらけの部屋の掃除と猫の世話に明け暮れる毎日
長靴、カッパで重装備 それでも体中に匂いが染み込み仕事も休まざるをえませんでした。

当初は「何故こんな目にあわなければならないのだろう」
「こんなお金のかかることが、なんで他人の私がやらなければいかないのか?」と
マイナスの発想ばかりでした。
それがmixiの里親探しコミュニティをはじめ、皆さんが発信してくれたお陰で
素晴らしい協力者がどんどん現れ、全国からたくさんの方に支援していただくことができたのです。
大変ではありましたが振り返ってみると、楽しみながらこのレスキューを持続させていくことができたように思えます。


励ましのお手紙やメッセージの数々。

本当にたくさんの支援物資が毎日のように送られてきました。


あの心細かった日々が遠い記憶の彼方にあります。
皆さんのお陰でどんなにか励まされたことでしょう。

今年は東日本大震災を初め、色々な災害や天変地異のような出来事が起こり
今こそ心ひとつに【絆】という言葉が色々な場面で目にします。
私たちはこのレスキューを通してすでに【絆】の大切さを痛感しています。

残念ながら行方不明になった飼い主さんは、いまだ見つかっておらず
どれほど猫達に心を残していたことか、察するに余りますが
たくさんの猫達に家族ができたことをきっと喜んでくれているに違いありません。



行方不明になった飼い主さんの部屋にあった
二十数個あった遺骨や位牌
初めは病院に連れて行ったり、供養する余裕があったのでしょう・・・
残されたノートには猫達の名前がびっしりしるされていました。

 この遺骨を普通に納骨すればお金もとてもかかってしまいます。
どうしてあげればいいのか思案しながら、月日が経ってしまいました。
そんな折、【フキばぁちゃん】の一時預かりから里親さんになって頂き
手厚い看護を続け最期を看取ってくださった<人生坂路&くりすさんご夫妻>から
ありがたいご提案がありました。
「実家の牧場の敷地内で骨を埋めていいですよ」と。。。

さっそく一切手を触れていなかった骨壷をあけ、全ての骨を
まとめる作業に入りました。
これが意外と大変で結局 レスキュー仲間の<すてふぁんさん>ご夫妻が
全部まとめてくれました。
 以下はすてふぁんさんのその時の感想だそうです。

『おばあちゃんの猫メモによると・・・
おそらく65匹以上の猫たちを
見送ってきたんですね~
(名前と命日が書き残されていました)

おばあちゃん、一生懸命お世話してたんだなぁと
なんだかしんみりしつつも
たくさんの名前を見て微笑ましく思いました
どうもどうもご苦労様と線香たいて
お骨をまとめさせていただきました』

雪が降る前にとくりすさんご夫妻と、ボランティア仲間とさっそく埋葬の旅に行ってきました。




栗の木の下にひっそりと眠りについた二十数匹の猫達
これでゆっくりと往生することが出来るでしょう。
その後、お骨が入っていた木箱やその他の物を
お寺さんでお焚き上げしていただきました。


そんなたくさんの人に支えながら、このお屋敷ともそろそろ
お別れのときが。。。
レスキューに関わりこのお屋敷に通いだし、今年の7月で
気がつけばなんと2年の月日が流れていました。
お陰様で、エイズキャリアの猫や人馴れしない猫達も含め19匹に新しい家族が見つかり
残るは親分肌で気の優しい【らくよう】 
おとぼけおじさん【まいたけ】
おしゃべり美猫【みつば】  ●3匹はエイズキャリア
全盲で楽しい性格の【あずきな】の4匹
【ハコベ】はsuzumeさんのところで長期預かり中。

残りの猫達は自分が引き受けるしかないと腹をくくり、部屋を探そうと思っていたところ
ブログの作成者でレスキュー当初から、一緒に活動してくれていた
<Lucyさん>がらくよう・まいたけ・みつばの3匹を引き受けてくれると
夢のようなお申し出をしていただきました。


一番この子たちに心を砕いていてくれた人物です。
当初 「残った猫達はぜ~んぶ引き取りますよ」 と冗談交じりに
言っていたのですが、まさか現実になるとは思ってもいませんでした。



先日、コビッツさん・バチガミさん・Lucyさんの4人で捕獲し、そのまま
病院で検査して、無事に新しいお家に移動させることができました。
今後の3匹の様子はLucyさんが、ブログを作成してくれるとのことですので
皆さん お楽しみにしてくださいね!


このレスキューに関わり生活が一変し、様々な経歴や経験を持った人たちとの人脈が出来
個人の保護活動が大きく変化するきっかけを与えてもらいました。

こんなに愛護動物のことを真剣に考えている方たちがいること
そして応援してくださることに感動し、その仲間たちと何かできるのではと、皆さんのご協力のもと
昨年 保護施設を兼ね備えた猫カフェ【ツキネコカフェ】
今年4月には【ニャイダーハウス】をオープンすることが出来ました。
まだまだ、試行錯誤の日々ですが1匹でも不幸な猫たちを減らすような活動をして
行こうと思っています。
*皆さんがきっとご心配してくれている【あずきな】には
コチラで会えますよ!



現地支援・物資支援・ご寄付と、何百人もの方がこのレスキューに関っていただきました。
本当に、本当にありがとうございました!!
おひとりお一人に心から感謝の気持ちを伝えたい気持ちでいっぱいです。
大変ご無礼ではありますが、この場を借りてお礼の言葉とさせて頂きます。
最後に、お忙しい中1日で二十数匹の猫の検査をして頂きその後も相談に乗って頂き
全面的に協力してくださった、O動物病院の先生とスタッフの皆様にお礼申し上げます。



この活動を通して感じたことは、自分自身のキャパシティ(許容量)を越えないこと。
生活とのバランスを考えて行動すること。
人の繋がりを大切にすること。
これらのことを踏まえ私たちも頑張っています!
全国各地で、野良猫保護やレスキューにご尽力している皆様
いつかこの地道で小さな行動が、管理センターなどで命を落としてしまう
愛護動物の未来に、ひと筋の光を与えることになるかもしれません。

不幸な愛護動物が1匹でも幸せな家族とご縁が繋がりますように。。。
皆様のご健勝を、愛猫たちの幸せを心よりお祈り申し上げます。
長文になりましたが、少しでも感謝の気持ちが伝われば幸いです。
本当にありがとうございました。


隊長 <りんだ>こと吉井美穂子
     アンニン・Lucy・コビッツ

HP作成 Lucy

       ☆thanks  
Tち・ナナ・ヨッシー・めんめ・ツッチー・もぐちゃん・yosie・テリー・バチガミ・kyoko・Hirata・おさと・すてふぁんファミリー・人生坂路&くりす夫妻・りんこ夫妻・N&M
ひょうひょう・marekuro(*敬称略)
       その他 現地のお手伝いに参加してくれたたくさんの皆さん。
       里親さん・一時預かりの皆さん。
       支援物資・寄付をして下さった、たくさんの皆さん。 



*:.。☆..。.虹の橋を渡った猫たち*:.。☆..。.

【ウド】 Tちさんのお家
【フキ】 人生坂路&くりすさんのお家
【もみじ】 marekuroさんのお家
【コクワ】 おかるさんのお家

【ちっちゃん】 唯一 お屋敷で命の灯が消えてしまった子猫(ピリカの子供)

 


  
みにゃさん またいつかお会いしましょう。 by ウドじぃ

   

14 Responses to “【ご挨拶】 また会う日まで。”

  1. ぴかまきこ より:

    りんだ隊長はじめボランティアの皆様、
    大変にお疲れ様でした。

    昨年の秋にお屋敷ブログに偶然出会いました。
    想像の域を超えた現場の状況。
    このお屋敷に限らない、日本の至る所で起きている事。

    いろんな事を教えていただきました。ありがとうございます。
    ただの猫好きから、もう一歩足を前に出して出来る事をやっていきたいと思います。

    本当にお疲れ様でした。

  2. おめでとうございます!
    ほんとうによかった…。
    うちのサイトに張ってあったリンクも、はずさせていただきますね。
    みんなに、幸せあれ!

  3. 人生坂路 より:

    おつかれさまでした。
    ここの終息をみれて嬉しいです。

    なんか手の届く範囲で、好きなもののために動きたいという人達はたくさん
    いると思いますが、きっかけがなかったりや継続できるものではありません。
    毎日の皆様の努力や献身さ。自分では絶対できない持続力に
    敬意とかそういうもの、言葉にするとなんか違う気もしますが色々感じています。

    私たち夫婦(特に私)はあまり人付き合いがうまい方ではないのですが、ここまで付き合えたのも吉井さんたちのおかげです。逆に感謝です。
    フキちゃんとあわせてくれてありがとう。

  4. HM より:

    私は「お屋敷」には関わることできませんでしたが、
    ここがあってツキネコができて、吉井さんを始め、たくさんの人と猫と出会えたこと、感慨深いです。
    愛猫とも、ここがなかったら会えなかったかもしれません。
    何より、不幸な猫のために、小さなことでも手を差し伸べることを教えて頂いた気がします。

    関わった皆様、本当にお疲れ様でした。

  5. いず より:

    お疲れ様でした!!!
    2年間も経過してたんですね。
    ずっと携わってきた皆さんからしたら、長かったような
    あっという間だったような・・・といった感じでしょうか。

    私は一番大事なお屋敷のお手伝いは全くできませんでしたが
    いつもブログは覗いていました。
    本当にみんなが幸せになって良かった。

    お疲れ様でした!!!
    そしてありがとうございました。

  6. おかる より:

    りんだ隊長さんそして、スタッフの皆様お疲れ様でした。
    今、胸がいっぱいで涙が止まりません。

    行方不明の飼い主さんも、自分の猫達が幸せになったことを知り安心されていると思います。
    お骨になった猫ちゃん達も、安心して眠りにつくことと思います。
     
    本当にお疲れ様でした。
    ありがとうございました。

  7. rinko より:

    りんださん、皆さん、長い間お疲れさまでした。
    途中までしかお手伝いできなかったことをずっと心残りに思っておりましたが
    撤退宣言を聞けて本当に本当に嬉しいです!
    らくよう、まいたけ、みっちゃんがLucyさん宅にとのこと
    これ以上ない幸運をつかんだ3にゃんに安心しました^^
    もみちゃんとクロちゃんは虹の橋を渡ってしまっていたのですね…
    marekuroさんとおかるさんのお陰できっと幸せな時間を過ごせたことでしょう
    お屋敷での時間は私にとっては短いものでしたが
    それでも貴重な体験をさせていただきました
    ツキネコカフェ、ニャイダーハウスのサイトも拝見させていただいておりますが
    りんださんならきっとこれからも猫さん達を幸せに導いてくださると思います^^
    大変なこともあると思いますが応援しておりますので頑張ってくださいね!

  8. hukuyumi より:

    なんと久しぶりに覗いてみたら…
    そうだったんですね…!
    ああ、でも本当によかった。本当に。
    元の飼い主さんの深い愛情が分かって、安心したのと嬉しいのと、切ないのと。
    きっと心底安心されているでしょう。うん。

    涙がでちゃう自分に少し驚いていますが、嬉し涙だな。

    実は明日実家に2年ぶりに帰るんですが、ツキネコカフェの割と近く!なんです!
    更にもいっこ出来たんですね?
    絶対に行きますね〜
    楽しみだ。

    猫たちの、そして隊長のこれからはずっと続いていきますが、がんばってください。
    応援してます!

  9. suzume より:

    お疲れさまでした。
    ついに、お屋敷ブログも終了ですね。

    ハコベは大切な「預り猫」なので、何時か、膝に乗って来て
    「うちの子」になる日まで、ず〜っとお世話をさせていただきます。

    Lucyさんのブログを楽しみにしていますので、
    お忙しいでしょうが、是非開設してくださいね。
    (隠れ?まいたけファンです)

    お屋敷ブログを通じて、お名前を知ることの出来た皆様とも
    いつか、ツキネコカフェでご一緒できるといいですね。

  10. めぐ より:

    お久しぶりです。
    うちの子たちが動画デビューして、お知らせにあがったら・・
    嬉しくてモニター越しに号泣してしまいました。

    しめじ・えのき・なずなの里親です。
    http://www.youtube.com/user/MEGnikukyu

    あれから2年。
    スーパー野良のなずなですが寝ぼけてるときは撫でさせてくれるし
    意識を持って私にごはんをねだるようになりました。
    いつか喉を鳴らすのを聴けると信じています。

    お屋敷のみんなに幸せな家族ができたことを本当に嬉しく思います。
    これからも皆さんに負けないようにうちの子たちを幸せにしたいと思います。

  11. チャペママ より:

    久しぶりに覗いたら良い知らせで嬉しいです
    親分とまいたけとみっつが一緒にLucyさんのお宅で暮らせるのは
    ほんんっとうに良かった(涙
    自分のブログにこちらのリンクを貼るのがクセになっていたので
    間違って今後も貼っちゃいそうw

    全然、お屋敷には関われなかったですけど
    お世話隊の皆様、お疲れ様でしたm(__)m

  12. らんのはは より:

    アー本当に良かったです  我が家も野良2匹面倒見ていたのでいつも気になっていました  本当に何も出来ずいつも見ているだけでゴメンナサイ 皆さんに感謝です ありがとうございました

  13. ★めんめ★ より:

    りんださん、ボランティアの皆さま、本当にお疲れ様でした。

    たいしたお役に立てていないのに、thanksに名前を載せて頂けて恐縮です。

    沢山の言葉を並べたいのですが、うまい言葉が出てきません。

    ただただ、感謝の気持ちで一杯です。

  14. ちびっちの母 より:

    本当に言葉には言い尽くせない程、
    大変だったことでしょう。

    お疲れ様でした・・・

Leave a Reply

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.