Archive for the ‘現場からお知らせ’ Category

【ご挨拶】 また会う日まで。

11月 17th, 2011 by りんだ@隊長 | 14 Comments | Filed in 現場からお知らせ


北の国 札幌には冬の足音がそろそろ聞えてくる季節になりました。
皆さん いかがお過ごしでしょうか。
長きに渡り、このレスキューを支援して頂いた皆さんに大切なご報告があります。
この度、全ての猫達に家族を見つけることができお陰様で無事に
お屋敷を撤退することになりました。

皆様の善意の心は、たくさんの飼い主の居なくなった猫達に新しい家族を見つけるという
形になってあらわれました。
当初、あの悲惨な状況から猫達を救い出すことは容易ではありませんでした。
まして一人の力では到底解決できる案件ではなかったのです。
ご存知のようにこの案件は、飼い主が行方不明で居なくなったことだけでも大変な上に
多頭飼育崩壊と、保護活動の許容量を問われる多くの問題を含んでいました。


初めてこの猫屋敷に足を踏み入れた時の気持ちは、容易に言葉にすることはできません。
猫のトイレというものがなかったのですから・・・
すべてが糞尿まみれていたのです。
唯一のトイレを新聞紙で作ってあげると、それを猫ベットにする始末。

家具はボロボロの椅子がひとつ 
あまりの不衛生さに一緒に行った友人は吐いてしまうほどでした。


友人たちが手伝ってくれてどうにか餌場とトイレを確保。

真夏の暑い日 糞尿だらけの部屋の掃除と猫の世話に明け暮れる毎日
長靴、カッパで重装備 それでも体中に匂いが染み込み仕事も休まざるをえませんでした。

当初は「何故こんな目にあわなければならないのだろう」
「こんなお金のかかることが、なんで他人の私がやらなければいかないのか?」と
マイナスの発想ばかりでした。
それがmixiの里親探しコミュニティをはじめ、皆さんが発信してくれたお陰で
素晴らしい協力者がどんどん現れ、全国からたくさんの方に支援していただくことができたのです。
大変ではありましたが振り返ってみると、楽しみながらこのレスキューを持続させていくことができたように思えます。


励ましのお手紙やメッセージの数々。

本当にたくさんの支援物資が毎日のように送られてきました。


あの心細かった日々が遠い記憶の彼方にあります。
皆さんのお陰でどんなにか励まされたことでしょう。

今年は東日本大震災を初め、色々な災害や天変地異のような出来事が起こり
今こそ心ひとつに【絆】という言葉が色々な場面で目にします。
私たちはこのレスキューを通してすでに【絆】の大切さを痛感しています。

残念ながら行方不明になった飼い主さんは、いまだ見つかっておらず
どれほど猫達に心を残していたことか、察するに余りますが
たくさんの猫達に家族ができたことをきっと喜んでくれているに違いありません。



行方不明になった飼い主さんの部屋にあった
二十数個あった遺骨や位牌
初めは病院に連れて行ったり、供養する余裕があったのでしょう・・・
残されたノートには猫達の名前がびっしりしるされていました。

 この遺骨を普通に納骨すればお金もとてもかかってしまいます。
どうしてあげればいいのか思案しながら、月日が経ってしまいました。
そんな折、【フキばぁちゃん】の一時預かりから里親さんになって頂き
手厚い看護を続け最期を看取ってくださった<人生坂路&くりすさんご夫妻>から
ありがたいご提案がありました。
「実家の牧場の敷地内で骨を埋めていいですよ」と。。。

さっそく一切手を触れていなかった骨壷をあけ、全ての骨を
まとめる作業に入りました。
これが意外と大変で結局 レスキュー仲間の<すてふぁんさん>ご夫妻が
全部まとめてくれました。
 以下はすてふぁんさんのその時の感想だそうです。

『おばあちゃんの猫メモによると・・・
おそらく65匹以上の猫たちを
見送ってきたんですね~
(名前と命日が書き残されていました)

おばあちゃん、一生懸命お世話してたんだなぁと
なんだかしんみりしつつも
たくさんの名前を見て微笑ましく思いました
どうもどうもご苦労様と線香たいて
お骨をまとめさせていただきました』

雪が降る前にとくりすさんご夫妻と、ボランティア仲間とさっそく埋葬の旅に行ってきました。




栗の木の下にひっそりと眠りについた二十数匹の猫達
これでゆっくりと往生することが出来るでしょう。
その後、お骨が入っていた木箱やその他の物を
お寺さんでお焚き上げしていただきました。


そんなたくさんの人に支えながら、このお屋敷ともそろそろ
お別れのときが。。。
レスキューに関わりこのお屋敷に通いだし、今年の7月で
気がつけばなんと2年の月日が流れていました。
お陰様で、エイズキャリアの猫や人馴れしない猫達も含め19匹に新しい家族が見つかり
残るは親分肌で気の優しい【らくよう】 
おとぼけおじさん【まいたけ】
おしゃべり美猫【みつば】  ●3匹はエイズキャリア
全盲で楽しい性格の【あずきな】の4匹
【ハコベ】はsuzumeさんのところで長期預かり中。

残りの猫達は自分が引き受けるしかないと腹をくくり、部屋を探そうと思っていたところ
ブログの作成者でレスキュー当初から、一緒に活動してくれていた
<Lucyさん>がらくよう・まいたけ・みつばの3匹を引き受けてくれると
夢のようなお申し出をしていただきました。


一番この子たちに心を砕いていてくれた人物です。
当初 「残った猫達はぜ~んぶ引き取りますよ」 と冗談交じりに
言っていたのですが、まさか現実になるとは思ってもいませんでした。



先日、コビッツさん・バチガミさん・Lucyさんの4人で捕獲し、そのまま
病院で検査して、無事に新しいお家に移動させることができました。
今後の3匹の様子はLucyさんが、ブログを作成してくれるとのことですので
皆さん お楽しみにしてくださいね!


このレスキューに関わり生活が一変し、様々な経歴や経験を持った人たちとの人脈が出来
個人の保護活動が大きく変化するきっかけを与えてもらいました。

こんなに愛護動物のことを真剣に考えている方たちがいること
そして応援してくださることに感動し、その仲間たちと何かできるのではと、皆さんのご協力のもと
昨年 保護施設を兼ね備えた猫カフェ【ツキネコカフェ】
今年4月には【ニャイダーハウス】をオープンすることが出来ました。
まだまだ、試行錯誤の日々ですが1匹でも不幸な猫たちを減らすような活動をして
行こうと思っています。
*皆さんがきっとご心配してくれている【あずきな】には
コチラで会えますよ!



現地支援・物資支援・ご寄付と、何百人もの方がこのレスキューに関っていただきました。
本当に、本当にありがとうございました!!
おひとりお一人に心から感謝の気持ちを伝えたい気持ちでいっぱいです。
大変ご無礼ではありますが、この場を借りてお礼の言葉とさせて頂きます。
最後に、お忙しい中1日で二十数匹の猫の検査をして頂きその後も相談に乗って頂き
全面的に協力してくださった、O動物病院の先生とスタッフの皆様にお礼申し上げます。



この活動を通して感じたことは、自分自身のキャパシティ(許容量)を越えないこと。
生活とのバランスを考えて行動すること。
人の繋がりを大切にすること。
これらのことを踏まえ私たちも頑張っています!
全国各地で、野良猫保護やレスキューにご尽力している皆様
いつかこの地道で小さな行動が、管理センターなどで命を落としてしまう
愛護動物の未来に、ひと筋の光を与えることになるかもしれません。

不幸な愛護動物が1匹でも幸せな家族とご縁が繋がりますように。。。
皆様のご健勝を、愛猫たちの幸せを心よりお祈り申し上げます。
長文になりましたが、少しでも感謝の気持ちが伝われば幸いです。
本当にありがとうございました。


隊長 <りんだ>こと吉井美穂子
     アンニン・Lucy・コビッツ

HP作成 Lucy

       ☆thanks  
Tち・ナナ・ヨッシー・めんめ・ツッチー・もぐちゃん・yosie・テリー・バチガミ・kyoko・Hirata・おさと・すてふぁんファミリー・人生坂路&くりす夫妻・りんこ夫妻・N&M
ひょうひょう・marekuro(*敬称略)
       その他 現地のお手伝いに参加してくれたたくさんの皆さん。
       里親さん・一時預かりの皆さん。
       支援物資・寄付をして下さった、たくさんの皆さん。 



*:.。☆..。.虹の橋を渡った猫たち*:.。☆..。.

【ウド】 Tちさんのお家
【フキ】 人生坂路&くりすさんのお家
【もみじ】 marekuroさんのお家
【コクワ】 おかるさんのお家

【ちっちゃん】 唯一 お屋敷で命の灯が消えてしまった子猫(ピリカの子供)

 


  
みにゃさん またいつかお会いしましょう。 by ウドじぃ

   

ウェブ管理よりお知らせ

4月 15th, 2011 by Master | No Comments | Filed in 現場からお知らせ

猫のお世話について、メールフォームよりご連絡いただきましたSさま。

メールを返信しましたところ、宛先不明で戻ってきてしまいました。

お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上ご連絡くださるか、
ツキネコカフェ(011-641-8505)まで直接お電話いただけますでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

テレビに出ます。

2月 21st, 2011 by Lucymono | 8 Comments | Filed in 現場からお知らせ

先日ちょこっと事前告知をしましたが、
改めまして、お知らせです。

 

2月22日(火)、猫の日に、お屋敷での活動が、テレビで取り上げられます。

北海道テレビ HTB 『イチオシ!』 
http://www.htb.co.jp/ichi/index.html

18:17~のニュース時間に放送予定です。

 

取材当日、野次馬する気満々で同行した私ですが、
事前のお世話が終わっていなかったため、いつも通り、
トイレ掃除をしたりご飯の用意をしていたところ。

しっかり撮られてました。

私の隠れスキル(笑)のひとつに、「映像・画像に残らないよう気配を消す」というのがあるのですが
全く通用してませんでした。
プロってすごぉい(笑)

ま、どうせいつもスッピンだし(少しは未来の自分のために労われという気もするお年頃←どーでもいいし。)
映ったところでどうということはないのですが、
喋る内容など、コレを伝えようとか、心の準備は全くしていなかったため
アピールという部分に置いては「?」という・・・ 役立たずめ・・・。

こういう時こそ無駄に弁の立つところを発揮すれば良いのにね。

 

ともあれ、テレビの影響力は強いものですので、
コレを機にご縁が繋がって、3匹とも無事に里親さんヘの元へ旅立てればいいなぁ~と。

そんな風に、ちょこっと期待をしております。

インタビューを受けるりんだ隊長

 

当日の3ニャンといえば。
らくよう・まいたけの親父猫ズは、我関せず、的なヤル気のなさを存分に醸し出し。
欠片もアピールらしいアピールをしませんでした(苦笑)。

まったくヤル気のない親父猫ズ

そんな親父猫ズとは対照的に、お屋敷一のフォトジェニック兼モンクダイジンのみつばが
いつもの様子でウロウロチョロチョロモンクバリバリ(笑)な様子で居てくれたので
なんとか体裁を保てた(?)という個人的な印象。

みつばを追うカメラさん

逃げつつも、興味津々なみつば

あの取材で、どんな内容に仕上がるのか、興味津々な半面、
髪の長すぎる女を目の当たりにするのが恐ろしかったりします(笑)

映っていなければそれで由、映っていたとしても、テレビ画面から這い出していったりはしませんのでご安心ください。

 

そんな訳で、どういう訳か、テレビデビューしてしまうお屋敷3にゃんず。
当日生で見られる人も録画で見る人も、地味~に告知協力くださると、嬉しく思います。

2月22日(火)18:17~、猫の日特集
北海道テレビ HTB 『イチオシ!』

まいたけ、らくよう、みつば、一時預かり中のあずきな、4ニャンズに
ご縁が繋がりますよう、皆様の応援、よろしくお願いいたします。

 

ちなみに、同時にツキネコカフェについても取り上げられます。
しかも忙しい事に、ツキネコカフェには同時間帯に、NHKの生取材が入っていたり。

お時間に余裕のある方は、イチオシは録画しておくことにして(笑)、ぜひツキネコカフェにて
サクラ・・・もとい、取材協力をお願いします(笑)。

実は・・・

2月 19th, 2011 by Lucymono | 1 Comment | Filed in 現場からお知らせ
110216-131811.jpg

ツキネコカフェが、222の2月22日・猫の日に、テレビに出ます

実は・・・ お屋敷での活動も、一緒に取り上げてもらえる予定だったり、します。

詳細はまた後程。

悲喜交々の年末年始

1月 3rd, 2011 by Lucymono | 5 Comments | Filed in 現場からお知らせ

12月の下旬から忙しさにかまけて更新をさぼりまして、スイマセンm(_ _)m

新年も明けまして、気持ちも新たに、収束へ向けて歩みを進めてまいる所存です。

 

さて、なんやかやで動きのあった12月、まとめてのご報告で恐縮ですがここに記載いたします。

 

1.居候の2匹、ココサブが一時預かりへ。

ココとサブ。仲良し二匹

屋敷の別室にて居候していたココとサブ。
屋敷の猫たちとはまた違った難しさの2匹ですが、今は一時預かりさんの下で、家猫修行をしています。

タンスの上で固まっていたばかりの2匹でしたが、くっついたりくっついたり遊んだり挟まったり・・・と、預かりさんが嫉妬してしまうほどの仲良しっぷりを見せ付けてくれているようで、いずれそこに人間が加われる日も遠くないと思います。

太りすぎのサブ(7kgオーバーでした!)を気にして、そのうちココと餌を分けるようにしたい、と健康面も抜かりなく面倒見ていただけているので、安心してお任せしています。

ぼちぼちと様子をお伝えしていきますので、屋敷猫ともども、ココサブをよろしくお願いします。

 

2.あずきな、冬季一時預かりへ。

至福の表情、あずきなじぃちゃん

りんだ隊長ともども、一番気にしていたおじぃちゃん猫、あずきな。
ツキネコカフェに来店された方が冬の間の一時預かりを引き受けてくださいました。

何せ目が見えず耳も遠いあずきな、そこのおうちに慣れるまではおそらく鳴きまくりで大変だろうと。
以前預かりをしていただいていたあかねさんに相談し、無駄なき防止用の首輪や向き合い方などアドバイスをいただきましたが、
けっきょく、連れて行ってみないと分かりません。

お届け初日の夜、家主さんはヘッドフォンをつけて就寝されたとか。
お届けしてまだ数日なのでなんともいえませんが、家主さんはともかく、ご近所から苦情が来ないことを心配しています。

いずれにせよ、何かあればすぐ屋敷に戻すので無理はしないで~ということでお願いしています。
旨く馴染んでくれたらなぁ、と祈るのみです。。。

 

3.みつばはドコヘ?

先日、みつばのトライアルが決定した報にうかれていたお屋敷ボランティアの面々ですが・・・
残念なお知らせをすることになってしまいました。

まさにお届け前日、里親候補の方から緊急の連絡があり、ご家族に急病があったのでお届け日時を延期して欲しい、とのこと。
絶対に引き取るので、他の人にあげないでください!と真摯にご説明・お願いをいただきました。

みつばはツキネコカフェで保護していたFIVノンキャリアのルナとともにトライアルに行く予定だったので、ワクチン接種や健康チェックなどを終え問題ないことを確認し、その足でツキネコカフェで一晩居候し翌日お届け・・・のつもりでした。

改めてお届け日時が決まるまで、しばらくは申し訳ないながらケージ暮らし。
その間に、ツキネコカフェへ来店された方が一目惚れしたり、意外とツキネコ暮らしに馴染んでくれそうな感じでしたので、今現在、 ツキネコ居候になっております。

ツキネコカフェに居候中、みつば

ところが残念ながら、里親候補者さんとは連絡が途切れてしまいました。

年内にご連絡いただけるようであれば・・・と心待ちにしていたのですが、未だに連絡が取れないまま。
残念ながら、今回はご辞退いただくことになりました。

期せずしてツキネコカフェへ長居することになってしまいましたが、ツキネコカフェでも普通に他の猫と折り合いをつけているので、お屋敷に戻すかどうかはまだ未定です。
実際に人目に止まる機会はツキネコカフェに居てくれたほうがあると思うので、そちらで里親募集をしていくことになるかもしれません。

もうひとつ、ツキネコに居てくれたほうが、人に慣れるかもしれない、という期待もあります。
器量良しのコです。人馴れさえすれば里親さんは必ず現れると思うので、そういう意味でも、少しツキネコカフェに置いておくつもりです。

 

4.新年早々、おめでたいご報告ができるかも・・・?

まだ進行中のお話ですが、ひょっとしたら、近いうちに新たにご報告できることがあるかもです。

yotsuba

 

そんな悲喜交々の年末年始のお屋敷模様でした。

Tags: , , , ,

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.