Posts Tagged ‘ココサブ’

悲喜交々の年末年始

1月 3rd, 2011 by Lucymono | 5 Comments | Filed in 現場からお知らせ

12月の下旬から忙しさにかまけて更新をさぼりまして、スイマセンm(_ _)m

新年も明けまして、気持ちも新たに、収束へ向けて歩みを進めてまいる所存です。

 

さて、なんやかやで動きのあった12月、まとめてのご報告で恐縮ですがここに記載いたします。

 

1.居候の2匹、ココサブが一時預かりへ。

ココとサブ。仲良し二匹

屋敷の別室にて居候していたココとサブ。
屋敷の猫たちとはまた違った難しさの2匹ですが、今は一時預かりさんの下で、家猫修行をしています。

タンスの上で固まっていたばかりの2匹でしたが、くっついたりくっついたり遊んだり挟まったり・・・と、預かりさんが嫉妬してしまうほどの仲良しっぷりを見せ付けてくれているようで、いずれそこに人間が加われる日も遠くないと思います。

太りすぎのサブ(7kgオーバーでした!)を気にして、そのうちココと餌を分けるようにしたい、と健康面も抜かりなく面倒見ていただけているので、安心してお任せしています。

ぼちぼちと様子をお伝えしていきますので、屋敷猫ともども、ココサブをよろしくお願いします。

 

2.あずきな、冬季一時預かりへ。

至福の表情、あずきなじぃちゃん

りんだ隊長ともども、一番気にしていたおじぃちゃん猫、あずきな。
ツキネコカフェに来店された方が冬の間の一時預かりを引き受けてくださいました。

何せ目が見えず耳も遠いあずきな、そこのおうちに慣れるまではおそらく鳴きまくりで大変だろうと。
以前預かりをしていただいていたあかねさんに相談し、無駄なき防止用の首輪や向き合い方などアドバイスをいただきましたが、
けっきょく、連れて行ってみないと分かりません。

お届け初日の夜、家主さんはヘッドフォンをつけて就寝されたとか。
お届けしてまだ数日なのでなんともいえませんが、家主さんはともかく、ご近所から苦情が来ないことを心配しています。

いずれにせよ、何かあればすぐ屋敷に戻すので無理はしないで~ということでお願いしています。
旨く馴染んでくれたらなぁ、と祈るのみです。。。

 

3.みつばはドコヘ?

先日、みつばのトライアルが決定した報にうかれていたお屋敷ボランティアの面々ですが・・・
残念なお知らせをすることになってしまいました。

まさにお届け前日、里親候補の方から緊急の連絡があり、ご家族に急病があったのでお届け日時を延期して欲しい、とのこと。
絶対に引き取るので、他の人にあげないでください!と真摯にご説明・お願いをいただきました。

みつばはツキネコカフェで保護していたFIVノンキャリアのルナとともにトライアルに行く予定だったので、ワクチン接種や健康チェックなどを終え問題ないことを確認し、その足でツキネコカフェで一晩居候し翌日お届け・・・のつもりでした。

改めてお届け日時が決まるまで、しばらくは申し訳ないながらケージ暮らし。
その間に、ツキネコカフェへ来店された方が一目惚れしたり、意外とツキネコ暮らしに馴染んでくれそうな感じでしたので、今現在、 ツキネコ居候になっております。

ツキネコカフェに居候中、みつば

ところが残念ながら、里親候補者さんとは連絡が途切れてしまいました。

年内にご連絡いただけるようであれば・・・と心待ちにしていたのですが、未だに連絡が取れないまま。
残念ながら、今回はご辞退いただくことになりました。

期せずしてツキネコカフェへ長居することになってしまいましたが、ツキネコカフェでも普通に他の猫と折り合いをつけているので、お屋敷に戻すかどうかはまだ未定です。
実際に人目に止まる機会はツキネコカフェに居てくれたほうがあると思うので、そちらで里親募集をしていくことになるかもしれません。

もうひとつ、ツキネコに居てくれたほうが、人に慣れるかもしれない、という期待もあります。
器量良しのコです。人馴れさえすれば里親さんは必ず現れると思うので、そういう意味でも、少しツキネコカフェに置いておくつもりです。

 

4.新年早々、おめでたいご報告ができるかも・・・?

まだ進行中のお話ですが、ひょっとしたら、近いうちに新たにご報告できることがあるかもです。

yotsuba

 

そんな悲喜交々の年末年始のお屋敷模様でした。

Tags: , , , ,

新顔ココ&サブ

10月 10th, 2010 by りんだ@隊長 | No Comments | Filed in 日々のケア

ポン吉がトライアル(一時預かり)に出て屋敷猫は4匹に・・・
いえ、いえ実は新顔が2匹居候しています。

【ココ】キジトラ メス 2才くらい
【サブ】白黒 オス 5才くらい

この猫達との縁は本当に偶然の出会いでした。
基本的に成猫は保護場所がない為、お引受けすることはないのですが
たまたま入ったお店のスタッフルームにこの2匹が保護されているのを
偶然知りました。

保護主さん家族は大変責任感のある方達で、ココは避妊させて産まれた子猫は里子に出し
一緒に行動を共にしていたサブも保護されました。
残念ながら家族に極度の猫アレルギーが出た為、2年間職場の片隅にケージを作り面倒を見ておられました。が
成猫の2匹にはなかなか里親さんとめぐり会うことができず現在に至りました。
若い猫2匹にとっては極度の運動不足もあり、たくさんの人の目にとまるように
里親探しのお手伝いを引き受けることにしました。
お屋敷は残りの頭数も少なくなり、余力があること。残りの猫達が里子に出るまでは
他の猫も保護することも理解していただいているので、今回はお屋敷に場所を移動させ
一時預かりを含めこの猫たちの幸せ探しをすることに。。。
お屋敷の一部屋を開放(元 子猫部屋)
コビッツさんが作成してくれたキャットウォークで縦横無尽に走り回っています。

サブは臆病ですがおっとりして触ることもできますが、すぐ棚の上に逃げ込みます。
ココは慎重派で固まっています。
攻撃性もなくのんびりした性格なので一時預かりにでれば、状況が改善される猫達だおもいます。

健康診断の結果も問題なく、保護主さんも心配のあまり毎日お世話に行ってくれていますが
北海道の長い冬を前にできればあたたかいお家で過ごさせてあげたいです。
お屋敷はやはり火の元だけは心配なのでオイルヒーターが中心ですが
十分な温度を確保する為には電気代が莫大にかかるので、頭の痛いところです。
なんといっても【らくよう親分】ひきいる個性は軍団のお部屋には、一緒にさせることもできません。
(相性の問題と保有キャリアを考慮して)



冬の間だけでも・・・という一時預かりさんでも大歓迎なのでどうぞよろしくお願い致します!

ココ&サブ 只今 居候中!!


Tags:

  • Author

    Here you can provide some author or blog infomation.